IMG_1463.JPG
​JPRとは途上国の救急救助技術支援をしているNPO団体

みなさんが万一、大事故・自然災害に巻き込まれたり、突然大きな病気になってしまったら、

救助隊や救急隊が駆けつけてくれます。それは日本では当たり前のことです。​しかし世界にはこのような国もあります。

 

・救急・救助知識に乏しく、自国民を救うことができない国

・救急隊・救助隊がない国

救急車や救助資器材を送られても、使い方がわからない国

​この地球上には、さまざまな問題を抱えている国がたくさんあります。​ボーダレス化している今日、これらの問題は他人事ではありません。大きなことではないかもしれないけれど、自分たちができることはないかを考えて​、実際に行動してみることが大切だと私たちは考えます。

7A8B4BB2-BB3C-4B66-B3B5-53E832CC5A40.jpg
​消防

2005年からはじまった当会。TV放映もありJPRの活動をご存じの方ほとんどが、カンボジアRRC711部隊。

​ザンビア・インドネシア・ラオス・ドミニカ等、日本の消防士が日本の消防知識と技術指導を担当し

自国にプロの消防隊が誕生したり、既存消防隊のスキルアップを実現することができました。

IMG_0401.JPG
​救急

日本の病院や消防で活躍する医師・看護師・救急救命士がメインとなり注射の使い方や症状に応じた処置や処理の​技術指導を担当しています。

9.jpg
​救助

JPRへご寄贈いただいた救助資器材を用いて、使用方法・救助方法・応用方法を事故や緊急事態の

​場面に応じた救助の方法を指導。カンボジアには消防と救急の他に救助隊まで誕生させています。

​特集 副理事長 若松カンボジアへ

​2022年9月短期カンボジア支援

特集はこちら→カンボジア短期支援

IMG_1484.JPG
IMG_1469.JPG
aae7ab452c3880fc3166bc774aa5c7b2-1_edite

JPR理事長ブログ

生まれ変わっても消防士

 

​リンクはこちら​

​Facebook
キャプチャ.PNG
​Instagram
JPR ‌インスタ.jpg
  • Instagram
dscf0259_edited.jpg

私たちと一緒に活動していただける仲間になりませんか?

消防・救助・医療関係者様へお願い

​JPRは廃棄予定の資器材・救急車両の寄贈をお願いしています。こちらのフォームよりご連絡をおまちしています。

IMG_0359.JPG
IMG_0388.JPG