【フィリピン オンライン技術支援】



5月10日、11日と20日に当会会員が講師となり、フィリピン軍向けに消防機材オンライントレーニングを実施しました。

今回技術支援で講習した資機材はODA(政府開発援助)の一環で供与されたものについて実施しましたが、本来であれば現地に赴き、実機を使用して実施したいところでしたが、全世界でコロナウイルスが蔓延していることからオンラインでの開催となりました。

会や受注元では、はじめての試みで事前に何をすれば分かり易く伝えられるのかについて考え、講習会場では動かすことや手元がが見えにくい機材については事前に動画や写真を撮影して、それを見て理解して貰える様に考えました。

講習当日は、不慣れな点や電波環境の具合でお互いにドタバタする場面もありましたが、フィリピン軍からの質問なども積極的にあり嬉しい限りでした。

コロナ禍でもオンラインで海外と繋がれて、トレーニングが出来、フィリピンの皆さんの笑顔を見ることが出来て、久しぶりに海外との繋がりを実感しました。

コロナが終息し支援活動の継続し続けられる機会に恵まれたのであれば、是非、現地フィリピンの皆さんと共に汗を流すべく支援を続けていきたいと思います。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

理事長ブログ 新規更新

今回はJPRについても書いています。消防好きの皆様はぜひご一読ください。消防士仕事内容 | 生まれ変わっても消防士! (firefighther119.com)